乾燥肌を改善するにはどうしたらいいの?

乾燥肌を改善するために、どのようなことをすればいいのでしょうか?

 

乾燥には一にも二にも保湿」と思い込み、
保湿のためにさまざまな化粧水や乳液や美容クリームを、
隙間なく塗りこむようなケアをされているかもしれませんね。

しかしそれは、乾燥肌の根本的な改善には、はっきり言って逆効果です。
外部からのケアでは、確かに表面上は一時は潤うかと思います。

 

けれどそれで満足していては、いつまでたってもそういったケアに頼り切ることになり肌質の改善には繋がらないのです。

 

なぜなら、体には元々「肌の乾燥を潤そう」と自力で頑張る機能が備わっているからです。

 

そこに外部から水分の補給を続けていると、
体が「自分は頑張らなくてもいいんだ」と思ってしまいます。
そうすると、お肌の乾燥を防ぐ機能はどんどん低下していきます。

 

乾燥肌にお困りの方は、少し怖いかもしれませんが、
一度、化粧水や乳液による保湿をストップしてみてください。

 

つまり洗顔後に、化粧水や乳液などを全くつけないようにしてみてください。

 

最初のうちは、洗顔後のお肌がつっぱり、辛い思いをするかもしれません。
けれど、その状態に危機感を感じたお肌自身が、
自力でお肌を潤さなければ!」と立ち上がり、肌質を改善しようと自ら変わっていくのです。
そうすると、体が、お肌の乾燥に対応する機能を取り戻してくれます。

乾燥肌の対策でいい方法を教えて下さい!

女性のお肌に乾燥は大敵ですね。
そもそも、お肌のトラブルの多くは乾燥が原因によるものです。
直接は関係がなさそうなお肌のくすみ・シミなども、乾燥がきっかけで起こってしまうものです。

 

また、一見は油のせいであるかのように思われているニキビでさえ、
お肌の乾燥さえ防げば、全体的なバランスが整い、減少していくのです。

 

このように、お肌の乾燥を防ぎ、
きめ細かい美肌を手に入れるためには、やはり日頃のケアが一番大事です。

 

では、どのようなケアをすれば乾燥が防げるのでしょうか?

乾燥ですので、まずは十分に水分を与えるということはもちろんですが、
実は水分だけではなく、油分が足りていない可能性もあります。

 

お肌に適度な油分がないと、水分の蒸発を抑えることができません。
油分が水分をカバーして初めて、みずみずしいお肌になるのです。

 

乾燥の気になる方は、多く油分を落としがちなオイルクレンジングではなく、
ミルククレンジングなどの、適度に油分を残してくれるクレンジング剤を選ぶようにしましょう。

 

また、こういった肌への直接のケアだけではなく、
規則正しい生活、十分な睡眠時間、バランスのとれた食生活、適度な運動、
このように健康に良いとされていることはすべて、お肌にも良いのです。

 

美肌にはまず健康から、ということになりますね。
お肌の乾燥でお悩みの方は、ぜひ普段の生活から見直してみてくださいね。

 

食生活の改善と補助食品としておすすめなのはルナベリーサプリメントですよ。
日々のアクセントとして飲んでみても良いと思います。

乾燥肌を治す方法として手足や背中のかゆみを改善するには?

秋が近づき空気が乾いてくると、お肌の乾燥も気になってきますね。

そのために秋冬だけスペシャルなケアを追加するという方も、
多いかと思いますが、果たしてそれは本当に正しいケアなのでしょうか?
意外に多い、肌ケアの失敗例をご紹介したいと思います。

 

身体を温めると毛穴が開いて、汚れが落ちやすくなる、という話を聞いたことはありませんか?

 

そのために、熱いお風呂に入っっている間に洗顔をする、
洗顔前に蒸しタオルをする、ということが、美容にいいと言われていることもあります。

 

こういったことは、「汚れを綺麗に落とす」という点においては、
間違っていると言い切ることはできません。

 

しかし同時に、「必要な皮脂まで落としてしまう」ということもあるのです。

 

そもそも肌が乾燥する理由は、油や皮脂が溶け出してしまうことで、
水分をカバーすることができなくなってしまうからなのです。

 

水分をいくら補っても、
それを外気からカバーできるものがなければ、ただただ蒸発していってしまいます。
そういったことを防ぐためには、適度な脂分は残すようにしましょう。

 

対策としては、熱すぎるお風呂に入らない、蒸しタオルはしない、
洗顔やクレンジング剤を保湿成分の高いものにする、などということが効果的です。

 

乾燥肌の方は、自分の肌のためにした方がいいこと、
しない方がいいことをきちんと理解しておくことが大切です。

 

ちょこっとコラム

取り過ぎはかえって危険?脂取り紙の使用法

 

年中小鼻は脂っぽいという人もいるでしょうが、自らの行為で悪化
させている場合があります。

 

メイク直しとなれば、一先ず浮いた皮脂を取らなければなりませんね。

 

でも、このときに必要以上に奪うことでさらなる皮脂を出すようになります。

 

脂取り紙で擦る、強く押さえる、何度も使う、硬いゴワゴワの脂取り紙、
吸収力のある男性用などが原因で、再びギトギトになる原因に!

 

基本的に脂取り紙は優しく触れるぐらいで十分、多少油分が残るくらいの方が、
かえって崩れを防止できます。

 

また、注意しておきたいのがティッシュをつかった皮脂の取り方です。

 

一見穏やかオフしているように感じますが、脂取り紙と違って、
水分まで取られてしまうから注意が必要。

 

水分が奪われればそれだけ、皮脂で補おうとするため余計にギトギトになりやすくなります。

 

この場合には、化粧水などでスプレーして水分を与えるのも忘れずにしたいですね。

 

正しく使うことで毛穴も正常に機能するようになるので、
しばらく続けてみてくださいね。

 

サラフェ楽天

更新履歴